自分らしさ見つかる

さいたまIT・WEB専門学校について

ITによって社会が変化する時代に
人とのつながりを大事にする教育は専門学校で

IT(情報技術)の高度化や経済のグローバル化が急速に進む現在、企業や社会は学歴よりも「何ができるか」「それを証明できる資格を持っているか」という即戦力を求めています。

さいたまIT・WEB専門学校では、「実学教育」「人間教育」「国際教育」という建学の理念の下、教職員一同が教育活動にあたっています。当校が育成するIT人材・コンピュータ技術者は、ずっとパソコンに向き合っている人材ではなく、人の意見をたくさん聞いて、人ためにものをつくり、人のことを想う人材です。

ITで効率化が進めば進むほど、人と人とが顔を合わせてコミュニケーションをすることの意味がより大きくなります。ITは人と人のつながりを薄くするための技術ではなく、人と人がより深くつながるための、時間を作る技術であると信じています。

2022年度より高等学校の教育課程においてプログラミングが学習内容とされる「情報」科目が必修化され、教科書やカリキュラムが一新されました。本校では、小中高生における情報教育が「点」で終わることなく、職業教育を通じて社会とつながる「線」となるため、実学を重視しています。
当校のアドミッションポリシーに基づくスローガン「さいたまITWEBで“自分らしさ”見つかる」、それを実現させるエクステンションセンターが、学生の学びを「深める」「広げる」「つなげる」、そして自分らしさを「見つける」という4つのカテゴリーで、一人ひとりの「個別最適化された学び」を支援する新しい教育システムを提供していきます。

シンボル・ロゴマークに込められた想い

さいたまIT・WEB専門学校

ITの「I」と「T」をモチーフにしたシンボルマークです。

カラーはITやテクノロジーをイメージさせる紺をベースにして、オレンジは学校の所在地であるさいたま市大宮区の色を採用しています。
左上のオレンジのポイントをずらして配置しているのは、ITの学びを通じて自分らしさを発揮し、業界で活躍する人材を送り出すという意味があり、シンボル&ロゴに存在感を持たせています。

進化する副都心・さいたま市大宮での学び

さいたま市は大宮を中心に、「ICT」や「ビッグデータ」を活用したスマート・ターミナル・シティを目指しています。さいたま市や地元企業との教育連携により、進化する街さいたま・大宮と共に自分も成長することができます。

住みたい街「さいたま市」の
最新の施設・設備で学ぼう!

校舎イメージ

校舎外観イメージ

学生専用IDで入館するセキュリティ万全の校舎。


Project Based Learningルーム

Project Based Learningルーム

チームごとに企業課題に取り組む専用教室。普段はカフェスタイルのフリースペース。


PC演習室

PC演習室

高画質動画編集やCG制作ができるハイスペックPCが並ぶ演習室。
横長のワイドモニターによって、片方でテキストを表示、もう片方で作業ができる。