AIによってあなたの仕事はどう変わるか?

AIが普及すると仕事はどうなる?
AIに影響されない職業が知りたい

AIの発達は人々の生活を豊かに、そして便利にしていきます。身近なところでは「今日の天気は?」などと質問すると教えてくれる、iPhoneのSiriなどがあります。

どんどん賢くなったAIは、ついに人の仕事もこなせるようになりました。野村総合研究所が発表した試算レポートでは「AIに代替される可能性が高い職業」として、100種類もの職業が発表されています。

参照:日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に(株式会社野村総合研究所)

そこで本記事では試算レポートを元に、AIに影響される仕事・影響されない仕事を解説します。ぜひ将来の職業選びにお役立てください。

AIの影響を受ける職業

AIの影響が大きい職業の一例として、以下の3つが挙げられます。

  • 一般事務
  • 銀行窓口係
  • レジ係

野村総合研究所の調査では、日本の労働人口の約49%もの仕事がAIで代替可能になるといわれています。急速に発達したAIは、仕事の手順やゴールが明確になった単純な仕事なら、人間の代わりを果たせるようになりました。

AIの進化で影響を受ける仕事は多くあります。しかし、AIが人の仕事を全て奪うわけではありません。AIに単純作業や一部の仕事を任せることで、人はもっとクリエイティブな仕事に集中できるようになるのです。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

一般事務員

メールや電話対応、データ入力など手順が決まっている事務作業は、AIの得意とする仕事です。AIに指示しやすい業務が多く、処理能力・正確性共に人間よりも優れています。

日本は少子高齢化で働き手が減っており、すでに一般事務職はロボット(RPA)で自動化している企業も少なくありません。AIが発達することで、今人が行っている事務処理はどんどん減っていくでしょう。

銀行窓口係

銀行窓口では預金や振込を行いますが、それらもAIの台頭によって人手が不要になるといわれています。すでにATMやネットバンキング・さらには銀行アプリで行えるようになっており、窓口を利用する機会は減っているのが現状です。

窓口業務の1つに資産運用のアドバイスもありますが、今後はそのアドバイス業務さえAIが行うと予想されています。人型ロボット「Pepper君」が窓口業務を行う銀行もあり、AIに大きく影響される仕事の1つです。

レジ係

レジ業務もAIの発達で大きく影響を受けるといわれる職業の1つです。

レジ業務は単純かつ正確性が求められ、AIが得意とする仕事です。金額の打ち間違いやお釣りの渡し間違いといったヒューマンエラーが起こらないAIは、今後ますますレジ係の仕事を行うようになるでしょう。すでにセルフレジなどレジ係がいない店舗も増えており、レジ係はすでにAIの影響を受け始めています。

AIに影響されない職業

AIに影響されない職業の一例として、以下の3つが挙げられます。

  • 営業職
  • グラフィックデザイナー
  • 商品開発部員

AIは大量のデータを学習することでパターンを掴み、未来を予測して行動します。つまり過去のデータに存在しないイレギュラーなことや、人の感情が大きく影響する仕事は得意ではありません。

手順化できない・臨機応変さが必要といった作業はAIの苦手とする仕事であり、AIが発達しても大きな影響を受けないと予測されています。

営業職

“お客さん”という人とのコミュニケーションが多い営業職は、AIに大きく影響されないといわれています。

会話や普段のやり取りの中で相手の本音をくみ取る、パターンを変えて臨機応変な対応する、といった営業の仕事には人間の判断力が不可欠です。AIが持たない「人の感情」も大きく影響しますし、“本音と建て前”のような複雑なコミュニケーションはAIが取って代わることはできません。

しかし、営業職の中でも電話対応や資料発送といった一部の事務作業はAIの影響を受ける可能性が大いにあります。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは相手の意図を聞きながら仕事を進める必要があり、AIの影響を受けにくいといわれています。

グラフィックデザイナーは、デザインよりもクライアントの課題解決が必要な職業です。クライアントの要望を聞いたり曖昧な願望を形にしたりといった作業はコミュニケーションが必要で、AIには行えない仕事です。

自動でデザインを組むAIは開発されており、「ある程度のデザインがあればいい」と考えるお客さんの仕事はAIに奪われる可能性があります。しかしクライアントの細かい希望や注文に沿ったデザインには人手が必要であり、AIに大きく影響されません。

商品開発部員

商品開発には、マーケティングデータのほかに消費者や社内の人の意見が必要となります。AIが苦手とする発想力やアイデア、コミュニケーションといった能力が必要であり、AIが取って代わることができない仕事の1つです。

AIは分析が得意ですから、過去の膨大なデータを分析してトレンドを予測することはできます。しかしクリエイティブな仕事は苦手ですので、やはり人手が必要となります。

まとめ

AIの発達によって影響を受ける仕事・受けない仕事をご紹介しました。まとめると以下の通りです。

AIに影響を受ける仕事

  • 一般事務員
  • 銀行窓口係
  • レジ係

AIに影響を受けない仕事

  • 営業職
  • グラフィックデザイナー
  • 商品開発部員

これからAIの活用が進むと、様々な仕事が影響を受けるでしょう。「自分の目指す職業が、AIに奪われるかもしれない」と不安を抱く方もいるかもしれません。

しかし仕事の全てがAIに奪われるわけではありません。コミュニケーションやクリエイティブな仕事は人にしかできず、AIの発達によって人はもっと“人らしい仕事”が求められます。AI時代の中でも、自分の能力や才能を活かせる天職を見つけることが重要です。