あなたは大丈夫?2021年にもっとも使われたパスワードとは

パスワード管理ツール「NordPass」を提供するNordVPNが、2021年にもっとも使われたパスワードランキングを発表しました。

世界でもっとも使われたパスワード

ランキングは同社のHP(https://nordpass.com/most-common-passwords-list/)で公開されています。

世界50ヵ国での1位は「123456」でした。第2位は「123456789」、第3位は「12345」で、単純な数字の並びがベスト3を占めていました。

日本でもっとも使われたパスワード

では、日本ではどうでしょう?

日本でもっとも使われたパスワードは「password」でした。

2位以下は世界と同様で、2位が「123456」、3位が「123456789」でした。

5位には「1qaz2wsx」という不思議な文字列のパスワードがランクインしていますが、実はこれも単純なパスワードで、パソコンのキーボードの左のキーを上から順に打っただけのものでした。

単純なパスワードの脆弱性

日本でもっとも使われているパスワード「password」は、17万7千回も使われたそうです。

上位50 位までのパスワードを盗み出すのにどれくらいの時間がかかるのかも発表されていますが、1位の「password」が盗み出されるのにかかる時間は、なんと1秒未満ということです。
日本のランキングの21位には「takahiro」という一見分かりにくそうなパスワードもランクインしていますが、このパスワードもわずか3時間で盗まれてしまうそうです。

パスワード管理の基本

同社は、パスワードを安全に保つ基本として、複雑なパスワードを使うように指摘しています。

複雑なパスワードとは「少なくとも12文字以上の文字列で、大文字・小文字・数字・記号の様々な組み合わせのもの」ということです。
また、悪意のある人物を寄せ付けないために、90日ごとにパスワードを変更することも推奨しています。

さいたまIT・WEB専門学校で目指せるコンピュータのプロにとって、セキュリティの管理は基本的かつ重要な事項です。
この機会に、ご自身のパスワードを見直してみてはいかがでしょう。


▶トップページに戻る