デジタルクリエイターとは

デジタルクリエイターは、デザインツールなどを駆使してWEBサイトやCM、アプリ、ゲームなど様々なジャンルで作品を生み出すクリエイティブな仕事です。

動画を編集したり、CGを作成したり、様々なデザインスキルが求められます。

そのため、扱うツールも多岐に渡り、Adobe PhotoshopやAdobe Illustrator、Adobe Lightroom Classicなどの画像編集・写真編集ソフト、Adobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなどの動画編集・モーショングラフィクス作成ソフトなど、複数のツールを扱えるスキルが必要となります。

デジタルクリエイターの主な職種・就職先

デジタルクリエイターは様々なジャンルで作品を生み出す仕事であり、その就職先も多岐に渡ります。

アプリケーションエンジニア

パソコンやスマートフォンなどのITシステムの中で利用されるアプリケーションを作るエンジニアです。システム設計、プログラミング、動作テストなどを行います。
スマホアプリやWEBアプリの他、業務システムなどのアプリケーション開発などを行います。
【就職先】IT系企業全般

動画・映像クリエイター

専門的なスキルを生かして各種メディアで使われる映像の制作や編集などを行う仕事です。
テレビCMやWEBコンテンツ、PR動画、ゲーム・アニメーションなどの映像制作を行います。
【就職先】デザイン系企業、コンテンツ制作系企業

グラフィックデザイナー

雑誌の表紙や商品のパッケージ、ポスター、社名や商品のロゴなど、広告や宣伝に関するデザインを行う仕事です。
【就職先】デザイン系企業、メディア系企業

メディアプランナー

クライアントの要望に応じて、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・WEBなどのメディアを使った企業のPR活動を企画する仕事です。
【就職先】メディア系企業、マーケティング系企業

デジタルクリエイターの将来性

5Gなどの新しい通信技術によって、IoT(Internet of Things)が更に発展することが見込まれています。
将来のITエンジニアには、発達した通信技術を活用し、多機能アプリケーションやクリエイティブな動画コンテンツの制作を通して「情報を伝える」技術が必要とされ、IT業界でもクリエイティブなスキルを持った人材はますますその需要が高まると考えられます。

アプリ開発の将来性

アプリケーションエンジニアは需要が高い傾向にあり、今後も雇用者数の増加が見込まれます。また、アプリケーションエンジニアのキャリアパスの流れとして「プロジェクトマネージャー」「ITコンサルタント」「フリーランス」などの道を選択可能で、転職後に理想の働き方をイメージしやすいです。

動画・映像制作の将来性

インターネットやスマートフォンの普及に伴い、様々なサービスが登場して以降、映像制作のニーズはますます多様化しています。動画共有サービスで配信されるプロモーションビデオや、SNSで特定のターゲットに配信される動画広告など、映像が活用されるシーンはこれからも必要となるでしょう。